会長挨拶


2020-21年 宮崎ロータリークラブ会長 山田 俊介

2020~2021年度宮崎ロータリークラブ第68代会長を務めることになりました。 浅学菲才の身ではありますが、会員の皆様と共にクラブの発展とクラブライフの充実に尽力したいと思います。 皆様のご指導とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。 今年度のRIの会長ホルガー・クナーク氏(ドイツ出身)が掲げるテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。私自身宮崎ロータリークラブに入会したことで、多くの知己を得 また貴重な体験をする事ができました。まさに今年度のテーマのとおりでした。 一方、第2730地区の風呂井敬ガバナーは今年度の地区スローガンを「不易流行・ロータリーの基本を堅持し変化に適応するクラブを」とされています。この地区スローガンを受け今年度の宮崎ロータリークラブの活動テーマを「伝統の堅持・変化への適応・さらなる発展」とします。 今年のクラブ目標としては以下の6項目を挙げたいと思います。

 1.会員数100名以上の堅持
 2.例会出席率90%以上
 3.ロータリー財団寄付一人当たり100ドル以上
 4.米山奨学会寄付一人当たり10,000円以上
 5.姉妹クラブ山形ロータリークラブとの交流の活性化
 6.親睦会、OB交流会の活性化

新型コロナ肺炎感染拡大の影響で、PETSの中止、地区研修協議会の中止、新旧合同クラブ協議会の中止など準備不足の感があることも否めませんが、長年培われてきた宮崎ロータリークラブの伝統という礎を頼りに1年間クラブを運営してまいります。 皆様のご協力を重ねてお願い申し上げます。